妊婦さんの栄養補給

初めての妊娠

つわりの時に食べられたもの

私が初めて妊娠し「つわり」をむかえた時はご飯の炊き上がる臭いをかぐと吐き気がしていました。
それから芳香剤やシャンプーの香りもダメで、頭が痛くなるほどでした。

 

そんな中で、唯一私が好んで食べていたものは「のり巻き」でした。
酢のご飯が美味しく感じられたのです。そのため、よく既製品を買ってきて食べたものです。
でも、既製品の煮物などは一切受け付けませんでした。おそらく、臭いにも過敏な時期だったのだと思います。

 

友人がつわりの私を気遣って、妊娠中の私が栄養を摂れるようにと、野菜がたくさん入ったレトルトの煮物食材セットを届けてくれたのですが、臭い・味ともに無理でした。もちろん、友人の温かい気持には癒されたものです。

 

つわりの時、一番辛かったのは、自分が食べたくなくてもお腹の赤ちゃんのために栄養のあるものを食べなければならないという焦りでした。
今考えてみれば、この時期は無理をする必要はなかったのですね。食べれるものを食べていれば良かったのかもしれません。
しかし、私は一生懸命、栄養にこだわった料理を作っていました。主人の食事も作る必要があったためですが、この時期、もう少し夫に料理をしてもらえば良かったかな・・と思っています。
そうすれば、今頃は、疲れた時、主人に料理を作ってもらえたのかもしれません。

 

「お腹の赤ちゃんを育てる」ということは、神秘の世界です。
だからこそ安静にすることや、自分をいたわることが大切なのだと思います。
不安や焦りを抱かず、ゆったりと過ごす時間の中で、お腹の中にいる命が成長していることに喜びを感じることこそが、つわりの上手な乗り切り方なのかもしれないと思います。
既にお子さんがいる妊婦さんは、そんなゆとりも無いことと思います。でも、夫や両親の手を借りて、家事から開放され、息抜きをすることが大切だと思います。


つわりでもOKな栄養補給

私は結婚して、2年ずっと妊活をしていました。なかなか授からない中で、やっと妊娠したという気持ちだったので情報に関しては妊活中に色々仕入れていました。そして妊娠してすぐに鉄分や葉酸の摂取が大事なので色々試しました。何が良かったのか、結論からいうと「ユーグレナ」でした。

 

妊娠中のプレママさん安心の青汁を徹底比較!安心感で選ぶなら

 

私はつわりはほとんどなかったのですが、栄養のとれる食事を作るのは面倒でなかなか作らず、主人も出張が多いため、夕飯等は簡単なものですませがちでした。そこでまずはサプリから始めてみました。よくドラッグストアに売っているようなものです。簡単に飲むことが出来るのですが簡単すぎてどうも忘れがちになりました。その上、サプリのデメリットとしては効いているのかがわからないことです。飲んでも飲まなくても日常変わりがないのでわからないです。

 

青汁で健康管理

 

そんな時に先輩妊婦の友人に青汁を飲むと便秘解消や栄養補給だけでなく、胎児の肌も健康だからいいよ!と勧められて青汁を調べ始めました。私は慢性的な便秘症で妊娠してから便秘はひどくなり妊婦特有の便秘と下痢を繰り返すという最悪のループにもハマっていました。そのことをかかりつけの医師に伝えたところ、軽い下剤を出されてその下剤のせいでひどい下痢になったりしたとにかく辛かった時期でした。

 

青汁を見るとどれも似たり寄ったりでわからなかったのですが、たまたまネットで話題となった「ユーグレナ」を見つけ、葉酸や鉄分はもちろんのこと、青汁のような野菜系の栄養だけでなく、魚や肉に含まれる栄養もあるということで挑戦してみました。

 

すると1ヵ月飲み続けたらなんと便秘が解消されたのです。しかもフルーツと一緒にミキサーでスムージーにすることが朝の習慣にもなり毎日続けることができました。現在2人目を、妊娠し今回はつわりもあったのですが、牛乳やスムージーとして混ぜて飲むだけなのでつわりの時でも飲むことができ、栄養補給にはうってつけでした。